美肌のため幹細胞化粧品の使用とともに心がけたいこと3
質の高い睡眠

肌を美しく保ち、細胞レベルで肌を蘇らせるためには、幹細胞化粧品の使用に加え、日常生活でもいくつか心がけたいことがあります。その一つが睡眠です。
質の高い睡眠は肌代謝を促し、肌を美しくすることが明らかになっているのです。
睡眠と美肌の関係とは?また、質の高い睡眠を取るための工夫とは?詳しく解説します。
眠りと美肌の深い関係

美肌のためには、幹細胞化粧品の使用に加え、質の高い睡眠も大切です。その理由は、全身の肌細胞の新陳代謝を促し、肌の古い角質を落として細胞を新しくする「成長ホルモン」の分泌は、快眠によって盛んになるからです。

この肌の代謝は「ターンオーバー」と呼ばれますが、ターンオーバーは眠ってから3時間の間に2度訪れる「ノンレム睡眠」のうちに行われると考えられています。ノンレム睡眠とは夢を見ずにぐっすり眠っている状態のことで、その間に成長ホルモンが盛んに分泌され、肌の代謝を促進します。

成長ホルモンは20歳ぐらいを境に、徐々に減少していきます。ですから、年齢を重ねても肌を美しく保つためには、できるだけ質の高い睡眠を取り、成長ホルモンがしっかり分泌されるよう気をつける必要があるのです。

眠りの質がターンオーバーに影響を与える

眠りの質が高いと、体の緊張をほぐし、リラックスさせる「副交感神経」が優位になります。
すると、血管が広がり、栄養や酸素が体中に行き渡って細胞の働きが活発になり、ターンオーバーがスムーズに行われます。

一方眠りの質が低かったり、睡眠不足が続いたりすると、ターンオーバーが乱れます。よく眠れないと、目の下にクマや、肌に吹き出物、ニキビなどができると思いますが、これはターンオーバーが乱れ、肌の代謝が悪くなって起こります。
さらにターンオーバーが遅れると肌に古い角質が残り、シミやクスミを作ってしまいます。

美肌に欠かせない睡眠。では、睡眠の質を上げるにはどうすればいいでしょうか?

?テレビやパソコンを見ない

眠りの質を上げるための方法の一つに、光の調整があります。暗いところに居ると、安眠ホルモン「メラトニン」が分泌され、快眠に導いてくれます。
このメラトニンがしっかり分泌されるよう、眠りにつく少し前には、部屋の照明を落とすようにするといいです。

眠る直前までテレビやパソコンなど明るい画面を見ていると、眠りの妨げになります。
明るく照明をつけたままで寝るのも快眠にはよくありませんし、携帯電話を寝る前に見るのもメラトニンの分泌を妨害するので止めましょう。

?自分に合う寝具を選ぶ

寝具選びも重要です。寝心地の良い寝具は、眠りの質を向上させます。布団やマットレス、枕やシーツ、パジャマなどは、実にさまざまな種類が販売されています。
寝具の好みは人によって異なるので、試してみて、自身に合うものを選ぶといいでしょう。

?朝日を浴びる

あとは目覚めです。すっきり起きて一日の活力を得るためには、朝日を浴びるのが効果的。
安眠ホルモンのメラトニンは、朝日を浴びてから約15時間後に分泌が増加すると言われており、そのためにも朝日を浴びるといいです。

また、光の刺激を受けると「セロトニン」というホルモンが分泌されますが、これがメラトニンの原料ともなります。ですから、朝起きたらカーテンを開けて日光を浴び、曇りや雨など外が暗い日には、照明をつけて、光の刺激を受けるようにしましょう。

キレイな肌を維持するための
プラン

お楽しみプレゼント付き!

  • ■ お得な割引
    最大¥7,000お得!
  • ■ すべてのコースが
    送料無料!
  • ■ ご都合に合わせて
    停止・変更・再開OK!
  • ■ レビューを書いていただくと
    300ptプレゼント!

「よみがえる実感お得な3回プラン」

「若がえる確信お得な6回プラン」

定期購入を申し込む