幹細胞化粧品の効果を引き出す秘策2マッサージ

幹細胞化粧品の効果を引き出し、肌を美しくするのには、マッサージも効果的です。
美肌マッサージのポイントは“思いやりのあるソフトな施術”であること。
そうした施術では、肌を美しくするホルモンである「オキシトシン」が分泌されるからです。
美肌マッサージの詳しい方法やオキシトシンの解説、また日本で一般的なマッサージ法の誤りについても説明します。
肌を美しくするホルモン「オキシトシン」

出産の際に分泌されるホルモンに「オキシトシン」というものがあります。これは、子宮の収縮を促し、陣痛の痛みを和らげ赤ちゃんを楽に産めるようにしてくれるホルモンで、陣痛促進剤としても使われています。
また出産後、赤ちゃんに母乳をあげる際、母乳を出やすくし、痛みではなく喜びを感じられるようにも作用します。

実はこのオキシトシン、出産の時のみならず、美肌にも大きく役立つホルモンなのをご存知でしょうか。
オキシトシンの分泌は、肌の皮膚をつくる細胞「幹細胞」を活性化させる成長因子「IGF-1」の産生を促すため、肌が美しくなるのです。

では、出産時以外で、どうすればオキシトシンは分泌されるのかですが、オキシトシンは“愛情や信頼の形成”に関与するホルモンであり、そうした行為に伴い分泌されます。
例えば赤ちゃんやパートナーとコミュニケーションを取ったり、スキンシップをしたりすると、自身にも相手にもオキシトシンが分泌されます。これは老弱男女問わず、また人だけでなく動物についても同じことです。
つまり飼いイヌと触れ合えば、自身にもイヌにもオキシトシンが分泌されることになります。

先ほどスキンシップでオキシトシンが分泌されると話しましたが、マッサージを受けるのもスキンシップの一種。
思いやりのこもったマッサージは、肌のオキシトシンレベルを上げて、肌の幹細胞が増殖するため、肌を美しく蘇らせます。
若返りやアンチエイジングにも効果的だと考えられるため、幹細胞化粧品の使用に加えて行うといいでしょう。

“いた気持ちいい”を好む日本人

美肌のためのマッサージでは、“思いやりのこもった”というのが最大のポイントになります。
大好きな人や動物との触れ合い、つまり心地よいスキンシップでこそオキシトシンは分泌されるので、強い指圧などのマッサージではダメなのです。

日本人は“いた気持ちいい”マッサージを好む傾向にあります。そのため、エステでもマッサージのお店でも、強い指圧でのマッサージが主流です。
ソフトタッチの柔らかなマッサージだと施術を受けた感じがしなく、満足できない人が多いようです。
また、日本人は生真面目なため、ソフトで心地よい施術よりも、少し痛いぐらいのマッサージを我慢して受ける方が効果的だと錯覚するのでしょう。

確かに、やや痛みを感じるようなマッサージには爽快感があります。しかし、それは一時的な気持ちよさで、根本的な改善にはつながらないものです。
肩こりなどで、強い指圧のマッサージを受けた次の日など、もみ返しを経験したことがある人は多いのではないでしょうか。もみ返しは強い力で肌を押したことで、肌の組織が傷つき起こります。

これは体のこりをほぐすのに限らず、顔のマッサージにも言えることですが、筋肉の緊張を和らげるためには、気持ちよさよりむしろ開放感や脱力感が重要です。

ですから、マッサージは「これで効くのか?」と思うぐらいソフトな施術がお勧めです。
理想は、赤ちゃんとお母さんとの肌の触れ合いや、パートナーとのスキンシップ。そうすれば、余計な緊張がほぐれ、美肌ホルモンオキシトシンの分泌も促されます。

特に年齢を重ねると、肌は薄くなり、クッション機能も低下していきます。そこに強い圧力をかけるのは禁物です。痛みを伴うマッサージは、筋肉を緊張させ、呼吸を浅くし、血行を悪くさせます。

また、皮膚の細胞や毛細血管、神経を傷つけてしまいます。そのように強いマッサージは、美肌にとっても体にとってもよくありません。
私たちに足りていないのは、刺激的なマッサージではなく、思いやりある、優しく入念なマッサージです。
幹細胞化粧品での日々のスキンケアにプラスして、ときどきマッサージを受けるとさらにアンチエイジング効果が高まると考えられるので、ぜひ試してみてください。

キレイな肌を維持するための
プラン

お楽しみプレゼント付き!

  • ■ お得な割引
    最大¥7,000お得!
  • ■ すべてのコースが
    送料無料!
  • ■ ご都合に合わせて
    停止・変更・再開OK!
  • ■ レビューを書いていただくと
    300ptプレゼント!

「よみがえる実感お得な3回プラン」

「若がえる確信お得な6回プラン」

定期購入を申し込む