幹細胞化粧品の効果を引き出す秘策1スキンケア

優れた美肌効果を持つ幹細胞化粧品ですが、使い方を間違えると、その力を十分に発揮できません。
幹細胞化粧品の効果を存分に引き出す、お肌のお手入れ方法とは?
化粧品の塗り方や洗顔方法、その後の肌のチェック法について詳しくお伝えします。
幹細胞化粧品の効果を引き出す正しい化粧水の使い方

化粧水の使い方は、優しく丁寧にが鉄則。これは、幹細胞化粧品に限らず、すべての化粧水についていえることです。
化粧水を肌に塗る際には、まずコットンに化粧水を含ませ、肌に優しく当てた状態で手のひらを使って抑え、肌全体を保湿していくのが正しい方法です。
美容液タイプの化粧水なら、さらにじっくり両手で顔を覆い、手のひらでゆっくり化粧水を抑えるといいでしょう。

化粧水を肌につける際、化粧水を手のひらに乗せ、血行が良くなるからとそのままパンパン肌を叩いたり、こすったりする方もいるようですが、このやり方は肌にダメージを与えます。
こうすると、肌の毛細血管が切れてしまったり、炎症を起こしたりして、酷い場合だとシミやそばかすのように傷あとが残ることすらあり、要注意です。

目の下にシミができ、肝斑だと思い込んでいる人でも、日ごろのスキンケアの最中に肌をこすったり、圧力をかけたりしたことによる肌へのダメージが原因である場合も。
それほど肌は刺激に弱いものなのです。特に目の周りや頬骨の出っ張り部分の肌は、皮膚が非常に薄く、繊細なので気をつけたいものです。刺激の強いスキンケアのせいでアザができ、それがシミやそばかすのように目立ってや良くないので、くれぐれも肌に触れる時には優しくするよう意識しましょう。

肌をきれいにしたいとの思いから、スキンケアの際にはつい力が入りがちですが、肌に刺激は禁物です。化粧水を塗る時には、面倒でもコットンを使い、丁寧にするよう心掛けてください。また、お使いの化粧品メーカーが推奨するスキンケア法も参考にするといいでしょう。

肌の洗いすぎには注意

幹細胞化粧品を使う前段階として、洗顔のし過ぎにも注意が必要です。
肌の表面には角質層があり、有害物質や紫外線などのストレスから肌を守っています。また油分と水分が混ざった皮脂が膜となって肌を覆い、乾燥を防ぎます。
洗顔をしすぎると、これら肌のバリア機能もはぎ落してしまい、肌が無防備な状態に陥ります。
その結果、肌は細菌に感染しやすくなり、ストレスにも脆くなり、乾燥もしやすくなります。

また長年これを繰り返すと、角質層は常に未熟なままとなり、外部からの刺激や乾燥に脆い肌になってしまいます。

これは洗顔に関わらず、クレンジングやピーリングのやりすぎでも同様です。
肌を清潔にしようとし過ぎると、肌のバリア機能を低下させ、かえって肌にダメージを与えます。
洗顔やクレンジング、ピーリングはほどほどにしましょう。

美肌を維持するためには、肌の状態の見極めも肝心です。肌質は人によってまったくバラバラで、経年によっても変化していくものです。
20代でオイル肌だった方でも、ホルモンバランスの変化などにより30代、40代になると乾燥肌に変化する場合もあります。また肌は食事や運動量などの生活習慣によっても大きく変化します。

肌の状態によって最適なスキンケア法は異なるので、自分の肌は今どのような状態なのか、肌に触れ鏡でしっかり見て、把握しておくことが大切です。
肌のチェックは、洗顔5分後に行うとわかりやすいでしょう。その際、オイリー肌だとか乾燥肌だとか、自身の思い込みが観察の邪魔になるので、そうした固定観念は捨てるようにすることが肝心です。

また、良いとされている美容法やスキンケア製品、マッサージ法が自分に合うとは限りません。
いろいろ試しては肌を観察し、自身に本当に合うスキンケア法を探すのが、美肌への近道だと思われます。

キレイな肌を維持するための
プラン

お楽しみプレゼント付き!

  • ■ お得な割引
    最大¥7,000お得!
  • ■ すべてのコースが
    送料無料!
  • ■ ご都合に合わせて
    停止・変更・再開OK!
  • ■ レビューを書いていただくと
    300ptプレゼント!

「よみがえる実感お得な3回プラン」

「若がえる確信お得な6回プラン」

定期購入を申し込む