ヒト由来、植物由来、動物由来どれを選ぶ?
幹細胞化粧品の種類による違い

皮膚の幹細胞を元気にさせ、肌を細胞から若返らせてくれると注目の幹細胞化粧品。
そんな幹細胞化粧品には、種類分けがあることをご存知ですか?
原料となる幹細胞を何から抽出しているかの違いで3つに分けられ、それぞれ異なる特徴を持ちます。
各幹細胞化粧品の長所や短所、何を選べばいいのかについて、詳しく見ていきましょう。

プリマルーチェのコスメは全てヒト由来です。人間の幹細胞を遠心分離することで抽出された分泌成分「ヒト幹細胞順化培養液エキス」が含まれるコスメが、ヒト由来の幹細胞化粧品です。よく誤解されますが、ペプチドを生成した成分で、幹細胞自体が含まれているのではありません。

ヒト由来なため、拒絶反応が起きにくく、副作用の心配もありません。
アトピーや敏感肌の方でも安心して使え、高い美肌効果やアンチエイジング効果が期待できます。

さらに、ヒト由来の幹細胞化粧品は、脂肪細胞から幹細胞を抽出したものと、線維芽細胞から抽出したものとに大きく分かれます。

植物由来の幹細胞化粧品

植物由来だと、リンゴから幹細胞培養液を抽出した化粧品が最も良く知られているでしょうか。
その他にもバラから抽出したもの、最高級の高麗人参であるヤマニンジンから抽出したもの、モロッコの砂漠に生息するアルガンツリーから抽出したものなど、植物由来の幹細胞化粧品にはさまざまな種類があります。

実は、植物は全ての細胞が幹細胞なため、植物からの幹細胞培養液の抽出は比較的簡単なのです。抗酸化力が高い植物の幹細胞培養液の開発が進み、いく種もの製品が流通しています。

動物の幹細胞を使って作られるのが、動物由来の幹細胞化粧品です。

動物由来の原料だと、幼い羊の毛根や、羊のプラセンタの幹細胞がメインです。これらがよく使われるのは、人間の幹細胞に近いと考えられているためですが、それでもヒト由来の幹細胞化粧品に比べると、肌への効果は劣るかもしれません。

また原料の安全面に関してもやや心配で、原料を抽出する動物が衛生的な環境で育っているかのチェックは欠かせません。

ヒト由来、植物由来、動物由来のどれを選ぶべきか

アロマセラビーの普及もあり、植物成分は肌に優しく、美肌効果が高いというイメージを持つ方は多いと思います。また、動物由来であるプラセンタ注射の人気から、動物由来の成分が若返りに効果的との認識も広まっています。

しかし幹細胞化粧品の場合、ヒト由来のものが美肌やアンチエイジングには最も効果的だと考えられます。それは、動植物の細胞と、人間の細胞とはまったく別物だからです。
植物や動物由来の幹細胞化粧品は、ヒト由来のものに比べ、皮膚の細胞に働きかける効果が劣ります。やはり、ヒトにはヒトの幹細胞培養液が有効なのですね。

また、拒絶反応やアレルギー反応もヒト由来の化粧品だと起こりにくいので、その点も安心でしょう。細胞を提供するドナーに対しては細菌やウイルスの検査を厳密に行うなど、原料の安全面も十分に確認されています。

ヒト由来だからこそ、しっかり肌の深い部分にまで浸透し、人間の皮膚細胞に働きかけてくれます。その結果、コラーゲンやヒアルロン酸など美肌に欠かせない成分がどんどん作られ、ターンオーバーが促され、肌の老化を抑えてシミやたるみ、くすみや気になる毛穴を改善させていきます。

キレイな肌を維持するための
プラン

お楽しみプレゼント付き!

  • ■ お得な割引
    最大¥7,000お得!
  • ■ すべてのコースが
    送料無料!
  • ■ ご都合に合わせて
    停止・変更・再開OK!
  • ■ レビューを書いていただくと
    300ptプレゼント!

「よみがえる実感お得な3回プラン」

「若がえる確信お得な6回プラン」

定期購入を申し込む