幹細胞化粧品が肌の若返りに効果的な理由

肌の若返りを筆頭に、美肌に大変効果的な幹細胞化粧品。
開発されて間もないことから、まだまだ一般的とは言い難いでしょうが、安全性は十分に確保されているのか。また、幹細胞化粧品はどうして美肌に効果的なのでしょうか。詳しくお伝えします。

これまでのスキンケアは、化学的に「補う」のが中心でした。しかし、補うだけの美容法には限界があることから、技術革新のため開発が進められてきました。そこで誕生したのが「幹細胞培養液」を用いた「再生・防衛」する新しいスキンケアです。
これは生物学の観点から開発されたエイジングケア法で、今大変注目を集めています。

幹細胞化粧品の製造方法

スキンケア用の幹細胞培養液の中で最も一般的なのが、「ヒト幹細胞培養液(ヒト脂肪細胞順化培養液エキス)」です。
健康なドナーの太ももや腹部から脂肪組織を取り出し、そこから、遠心分離器の利用や酵素反応で幹細胞を採取。これを凍結保存し、経過検査を行った後に培養します。培養液は医薬品と同じ安全検査GLPを行い、加えて品質評価検査、細菌検査、ウイルス検査を重ね、ようやく商品になります。

太ももや腹部の脂肪細胞には成体幹細胞が豊富に含まれ、またES細胞など他の幹細胞と比べて医療や美容への応用が容易なため、幹細胞培養液の実用化がスピーディーに進んでいます。

ヒト幹細胞培養液を使ったエイジングケアでは、肌に塗るだけでさまざまな効果が得られます。

例えば、新陳代謝を改善し、肌の再生能力を高める「線維芽細胞」の数が増えることが明らかになっています。つまり肌の若返りですね。さらに、その影響で、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなど美肌に欠かせない成分の発現は増えることも実証されています。すると、シワが減り、皮膚のバリア機能も高まります。

また、シミの原因になるメラノサイトやチロシナーゼなどの物質の生成を抑制してくれるため、シミやくすみを薄くし、肌のトーンが明るくなると言われています。

幹細胞化粧品はなぜ肌の若返りに効果的なのか

それではなぜ、ヒト幹細胞培養液は肌にそのような効果をもたらすのでしょうか。

ヒト脂肪細胞順化培養液エキスには、肌の細胞を元気にし、若返らせる成分が豊富に含まれています。その代表が、「成長(増殖)因子」で、他にも細胞内に発生した活性酸素を分解する抗酸化酵素をはじめとする各種酵素、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどのタンパク質があります。

肌の若返りのために重要な役割を果たす成長因子は、細胞に情報を送るタンパク質です。肌の細胞には、特定の形をしたレセプター(鍵穴)があります。その形に合うリガンド(鍵)が結合することで、肌が機能し始めます。

例えば、肌にコラーゲンが不足しているとしましょう。それを察知した幹細胞は、成長因子を分泌し、成長因子はコラーゲンを作るようサインを出します。サインを受け取った別の成長因子はリガンドとなり、レセプターに結合します。すると、遺伝情報をもとに、コラーゲンの生成を始め、同時に、抗酸化酵素や新しい成長因子も作られるという具合に、肌細胞が活性化するのです。

プリマルーチェのコスメに含まれる幹細胞培養液中の成長因子の種類は150を越えますが、いくつかの成長因子の、その働きについてご紹介します。

HGF(肝細胞増殖因子)
細胞増殖や細胞運動を促進し、血管を新生させるなど、組織再生に関与します。

PDGF(血小板由来成長因子)
線維芽殖細胞が増殖するよう働きかけます。

lGF-1(インスリン様成長因子)
新しい皮膚の再生をサポートし、コラーゲンやエラスチンなどの美肌生成を促進します。その結果、肌にハリや弾力が生まれ、シワを減らし、また予防します。

EGF(表皮錮胞成長因子)
新陳代謝を促進し、シミやくすみを改善させます。

aFGF(線維芽細胞成長因子)
繊維芽細胞にコラーゲンやエラスチンなどの美肌成分を増産するよう促し、皮膚の損傷を回復させ、美白効果をもたらし、さらに、シワを改善させます。

bFGF (塩墓性線維芽細胞成長因子)
血管、筋肉などの細胞に働きかけ、肌細胞の分化を促します。

TGF‐β(ト ランスフォー ムング成長園子)
抗炎症効果で、敏感肌を改善させます。

キレイな肌を維持するための
プラン

お楽しみプレゼント付き!

  • ■ お得な割引
    最大¥7,000お得!
  • ■ すべてのコースが
    送料無料!
  • ■ ご都合に合わせて
    停止・変更・再開OK!
  • ■ レビューを書いていただくと
    300ptプレゼント!

「よみがえる実感お得な3回プラン」

「若がえる確信お得な6回プラン」

定期購入を申し込む